Facebook

最近の記事

カテゴリー

プロフィール

森 泰人

Author:森 泰人
ビーチタウン静岡の「もり」です。ビーチタウン静岡は、
静岡市駿河区の用宗海岸沿い、目前に駿河湾という最高のロケーションの場所にあるロングボード専門店です。
ただし、目前のビーチではサーフィンが出来る波がたたない というもどかしい現実付きですが・・・
しかしながら毎日海を感じることができるので幸せモノです。
店内には
「STEPS SURFBOARD」、「SECTION WETSUITS」など
オリジナル商品を中心にいろいろな商品を取り揃えて皆さんをお待ちしています。サーフボード、ウェットスーツの各種オーダー、リペア 常時受け付けていますのでぜひご来店ください。

Beach Town 静岡
〒421-0123
静岡市駿河区石部26-8
TEL/FAX 054-257-7115
E-Mail
b.t.shizuoka@tokai.or.jp

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

携帯からも見ることができます♪

「ビーチタウン静岡」  店長モリブログ
ようこそ!静岡市のロングボード専門店「サーフショプビーチタウン静岡」です。サーフィンライフをより楽しくさせるような情報から、関係の無い店長 森の話まで案外まめに、楽しく更新してます。どうぞご覧下さい^^
共存している意識。
こんにちは。
今日は量が多いのでたわいもない話は省略。  モリです。

今週火曜日、愛知県豊橋市表浜海岸でサーファーへのシャークアタックが
ニュース
になりました。
一昨年映画にもなった「ソウル・サーファー」
ご覧になった方は思い出されたのではないでしょうか。
今回被害に遭われた方も大怪我ではあったものの、命などに別状はなく
本当によかったです。
サメの目撃情報は御前崎などでもあることは耳にしていましたが、
シャークアタックはほぼ海外での話だと思っていましたからびっくりしました。
あ、他人事じゃない。と。
しかしこれまでシャークアタックに遭う危険性など思ってもいないので、
なにも分からないわけで、どうしたものかとグーグル先生に今回も助けを求め、
検索してみたのですが、いまいちドンピシャな記事を探せず、
それならば聞いてみよう、と。
検索している中で、「日本板鰓類研究会」というサメ、エイなどの
「板鰓類−ばんさいるい−」の研究会を発見。
しかも事務局は静岡の東海大学海洋学部ではありませんか。
ここしかないと思いまして、

「日本板鰓類研究会御中
初めまして。突然のメールで申し訳ございません。
私は静岡県静岡市でサーフショップ「ビーチタウン静岡」を経営しております、
森 泰人(モリ ヤスヒト)と申します。
インターネットでの検索にて日本板鰓類研究会様を見させて頂き、
今回メールさせていただきました。

昨日豊橋で起きたシャークアタックのニュースを見ました。
幸い被害に遭われた方も命には別状がないようで安心しましたが、
正直なところ、今までも遠州灘などではサメの目撃情報などがあったとはいえ、
シャークアタック自体は海外での話で対岸の火事だと思っておりました。
しかし、今回のシャークアタックの報道を受け、それも豊橋(伊良湖)辺りだった事もあり、
私達がいつも利用する遠州灘〜駿河湾内でサーフィンをしているお客様方、広くはサーファーの皆様に
注意しなければならないことや、サメの知識などもお伝えしたいと考えました。
しかしサメの生態などには全く詳しく無いため、
今回インターネットで検索をしていた所、日本板鰓類研究会様のホームページにたどり着いた為、
そちらよりメールを送らせて頂きました。

お聞かせ頂ける範囲で構いませんので教えていただければ幸いです。

1、シャークアタックの危険性
日本でサーファーがサメに襲われることは稀なことだと勝手に思っていましたが、
実際の確率としてはどうなのでしょうか?

2、注意すべきサメの種類とシャークアタック
前述の通り、東海地域太平洋沿岸ではサメの目撃情報こそあれ、
襲われたということは聞いたことがなかったのですが、
今回の豊橋でのシャークアタックも含め、どのような種類のサメが襲うのでしょうか?
また、どのような条件でサメは海面上に浮くサーファーを襲うのでしょうか?
起こりうる危険性に時期などはあるのでしょうか?

3、サーファーが注意すべき点はなんでしょうか?
サーフィンはダイビングと違い、上半身は常に海面から上にあります。
サメの接近自体を察知することも難しいように思うのですが、
そんな中でも注意すべき点はありますでしょうか?

できればただただ海への恐怖心を助長させてしまわないように、
何か少しでもお客様やサーファーの方々に発信できればと思っております。
お忙しいかと存じますがこれらのことが学べる書籍などのご紹介も含め、
教えていただければ幸いです。

よろしくお願いいたします。

ビーチタウン静岡 森 泰人
〒421-0123 静岡県静岡市駿河区石部26-8
TEL/FAX 054-257-7115
Mail b.t.shizuoka@tokai.or.jp」


こんな文章をメールで送ってみました。
教えてくれるかな。と思いまして。そうしましたら翌日、
日本板鰓類研究会総務、東海大学海洋学部海洋生物学科の
田中 彰教授から返信を頂きました。

「森様
 下記の件についてお答えします。
1、シャークアタックの危険性

日本でサーファーがサメに襲われることは稀なことだと勝手に思っていましたが、実際の確率としてはどうなのでしょうか?
*確率は不明です。しかしながら世界で言われているのは交通事故にあう確率よりは低いということです。

2、注意すべきサメの種類とシャークアタック

前述の通り、東海地域太平洋沿岸ではサメの目撃情報こそあれ、襲われたということは聞いたことがなかったのですが、今回の豊橋でのシャークアタックも含め、どのような種類のサメが襲うのでしょうか?
*主に言われているのは3種:ホホジロザメイタチザメオオメジロザメです。このうちホホジロザメは沖縄周辺から北海道まで分布し、季節回遊しているようです。一方、イタチザメは沖縄周辺、八丈島など暖かい海に生息しますが、黒潮や対馬暖流に乗って東北辺りまで移動することもあるようですが、その移動は稀です。オオメジロザメも沖縄周辺に生息しています。そのほか、2mを超えるサメには注意したほうがよいと思います。

また、どのような条件でサメは海面上に浮くサーファーを襲うのでしょうか?起こりうる危険性に時期などはあるのでしょうか?
*サーファーを襲うサメは主にホホジロザメといわれています。ホホジロザメはアザラシなどの鰭脚類を捕食することがあり、サーファーがパドリングなどをしていると、その印影が鰭脚類に見え、襲うということです。イタチザメも貪食でなんでも食べるということで南のほうでは危ないと思いますが、この付近ではほとんど出現しないと思います。季節的にはホホジロザメが南北移動する冬から初夏にかけて危ないかもしれません。しかしながらホホジロザメの本邦周辺での移動・回遊については情報がありません。

3、サーファーが注意すべき点はなんでしょうか?

サーフィンはダイビングと違い、上半身は常に海面から上にあります。サメの接近自体を察知することも難しいように思うのですが、そんな中でも注意すべき点はありますでしょうか?
*ホホジロザメは下から水面にかけて襲いますので、認知は難しいと思います。また、他の大型のサメも急に出現することもありますので確認は難しいと思いますが、比較的小型であれば、水面で鰭を出していたり周りを泳ぐこともあると思いますので、それで確認するほかありません。

できればただただ海への恐怖心を助長させてしまわないように、何か少しでもお客様やサーファーの方々に発信できればと思っております。
**山林などに踏み込めば、いつ野生動物が出現するかわかりません。蛇を踏んづけて咬まれることもあるでしょうし、山菜を採りに行きクマやイノシシに遭遇し襲われることもあると思います。海も様々な生物がすんでいますので、カツオノエボシに遭遇してひどい炎症を起こすこともあるだろうし、エイを踏んで針で刺されることもあるかもしれません。海や山などの自然環境では危険が隣り合わせであるということを認識しておく必要があります。また、そのような環境には様々な生物が生息し、さらに生息する権利とまでは言いませんが生息場であるということで共存していく必要があると思います。人は考えることができますので、排除することで解決するのではなく、リスクを理解したうえで楽しむべきでしょう。

板鰓類研究会
総務:田中 彰」


今回の田中教授に頂いた返信で思いましたことは、
田中教授の最後のお言葉は常にどこかにいつも持っていなければならないな。
ということです。

サーフィンも長く続けているとやはりどこか慣れといいますか、
「今までも大丈夫だから大丈夫でしょ」という曖昧な自信といいますか、
自分達が主観的になって「海を共有、共存している」という意識なども
薄れてしまいがちなこともあると思うのです。

海洋生物の危険性然り、これから迎える台風シーズンのビッグスウェルなどの
コンディション然り、しっかりと考え、常に危険は潜んでいるというリスクを
理解することで、よりサーフィンを楽しむことができ、
またそれは常に意識をしていなければならないことだなと思いました。


田中教授、今回はご返信頂き本当にありがとうございました。

サメ


< 了 >

ホホジロザメ 画像 ー Wikipedia





テーマ:サーフィン・ボディボード - ジャンル:スポーツ

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://beachtownshizuoka.blog17.fc2.com/tb.php/1673-655eb688
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
インフォメーション


 ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ 
 毎月第1日曜日は、
 「 ビーチクリーンの日 」
 いつもお世話になっている海を
 みんなできれいにしましょう♪
 各ポイント AM9:00スタートです。
 是非ご参加ください!
 ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ 
 ロングボード でサーフィンデビュー 
 しませんか? 
 随時サーフィンスクール 
 やってます♪ 
 道具が無くてもOK! 
 まずはサーフィンの楽しさを 
 味わって下さい^^ 
 TEL 054-257-7115 
 ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ 
 「NAOKO MADE SWEETS☆」が 
 Beach Town 静岡の店頭に 
 並びました^^ 
 サーフィンのお供に 
 コーヒー&ティータイムに 
 おいしいクッキーは 
 いかがでしょう? 
 いろんなクッキーが 
 週替りで店頭に。 
 是非お試しくださ~い☆
 

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

タイドグラフ

Special Thanks +BCM

天気予報

Special Thanks 天気予報コム

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

Thank You♪

Beach Town Shizuoka

NOW ON TIME♪

只今の閲覧者様数は

現在の閲覧者数:

Beach Town Shizuoka